食事制限しないで太らないために3つのポイントとは?

ダイエットをしたいけど、食事制限はしたくない。
そんなあなたに耳寄りな情報があります。

 

実は、食事制限をしない場合でも、
食事の食べ方をちょっと工夫するだけで、
太りにくくすることができるんです。

 

今回は太らないための食事について、
3つのポイントでお教えしましょう。

 

体重は気になるけど食事制限は嫌だ!
そんなあなたは是非参考にしてみてください。

 

目次
開く閉じる

 

ポイント1:朝食は抜くな!

あなたはちゃんと朝食を摂っていますか?
太りたくないのなら朝食をちゃんと食べる方が有効なのです。

 

もし、ダイエットのために朝食を抜いているのなら、
それは逆効果になってしまうのです。

 

 

なぜかというと、
人間の身体は空腹時には脂肪の吸収率が高まってしまうからです。

 

つまり、朝食を抜いて空腹状態でいると、
昼食や夕食の時の脂肪の吸収率が高まって、
結果太りやすくなってしまうわけです。

 

 

また、代謝も夜間より昼間の方が高いですから、
朝食をしっかり摂っても、昼間の間にエネルギーとして消費される、というわけです。

 

朝食をきちんと食べておけば、
お昼の空腹感も緩和されますから、
食べ過ぎの防止にも繋がります。

 

 

ポイント2:間食の時間に気を配れ!

間食もクセになってしまうと、時間に限らず、
ついつい食べてしまいますよね。

 

でも、太りたくないのでしたら、
間食も太りにくい時間に合わせるようにしましょう。

 

では、間食に適した時間帯がいつかというと、
昼食の2〜3時間後が最適とされています。

 

12時に昼食を食べたなら、午後3時くらいですね。
3時のおやつ、というのは正解だったんですね。

 

 

人間の身体は夕方から夜間にかけて
脂肪を蓄えやすくなる傾向があります。

 

昼食後、ちょっと小腹が空いて間食をするのなら、
午後3時〜4時くらいにしておけば、
脂肪の吸収が高まる前に間に合うわけです。

 

 

ポイント3:夕食の時間に気をつけろ!

人間の身体は夕方から夜間にかけて、
脂肪を蓄えやすくなることは前項でも述べました。
そして、夜中にピークになるそうです。

 

つまり、夜遅くに夕食を摂ると太りやすい、
ということです。
夜食を食べるのはもっての外なんですね。

 

 

ということで、
夕食は就寝時間の4時間前までに済ませるようにしましょう。

 

仕事の関係や夜の付き合いなどもあるかも知れませんが、
できるだけセーブするようにしたいですね。

 

 

まとめ

食事制限なしで太らないためのポイントを
3つに分けてお伝えしましたがいかがだったでしょうか?

 

もう一度、3つのポイントをおさらいすると、

 

@ 朝食はきちんと食べる

 

A 間食は午後3時〜4時にする

 

B 夕食は就寝時間の4時間前までに

 

生活習慣を工夫することでできることですので、
ぜひ、取入れてみてくださね。