運動しなくても基礎代謝を上げれば痩せられる?

痩せるためには身体の基礎代謝を上げる必要があります。
その一番の方法は運動により代謝を促すことです。
でも、運動はちょっと苦手・・・

 

そんな人のために、運動をしなくても基礎代謝を上げる方法はないか、探ってみました。

 

すると、ちょっとした工夫で代謝を上げられることが分りました。
痩せたいけど運動は苦手、という人は是非、参考にして取り入れてみてくださいね。

 

目次
開く閉じる

 

基礎代謝って、そもそも何なの?

食べたものがエネルギーとして消費されることがいわゆる代謝です。

 

基礎代謝は、何もしなくても1日に消費されるエネルギーのことになります。

 

消費されないエネルギーは身体に脂肪として蓄えられるので、代謝されるエネルギー分以上に食べ過ぎてしまうと太ってしまうわけですね。

 

ただ、基礎代謝は年齢とともに落ちてくるものです。
そのため、年齢を重ねえてくると、以前と同じ食事量でも太りやすくなってくるわけです。

 

食事のカロリーを控え目にしましょう、
などと言われるのはそのためなんですね。

 

 

代謝を上げる一番の方法は運動をすること?

食べても太らないようにするためには、
基礎代謝を上げるか、エネルギーの消費を増やすかして脂肪を燃焼させなくてはなりません。

 

そのための一番の方法は運動をすることでしょう。
基礎代謝分に加え、運動でエネルギー消費を促すことで脂肪を燃焼させれば、余分な脂肪を蓄えずにすむ、というわけです。

 

でもやっぱり、できれば運動はしたくない・・・
そんな人はこの先にお進みください。

 

 

汗をかけば代謝が上がり痩せられるって本当?

サウナに行って汗を大量にかけば痩せられる、
そんな話もよく耳にしますし、
実際にダイエット目的でサウナに行く人もいるようです。

 

でも、本当に汗をかけば代謝が上がって痩せることはできるのでしょうか?

 

 

実は、汗をかくこととカロリーを消費して脂肪を燃焼させることは全くの別ものだったのです。

 

つまり、サウナなどで大量に汗をかいたからといって、痩せることはできない、ということです。

 

 

ビタミンBが代謝を促す決め手だった!?

では、運動をせずに代謝を良くするためにはどうしたらいいのでしょうか?
その答えの一つが食事にあります。

 

ビタミンB群には代謝を促す働きがあるとされ、
タンパク質と一緒に摂るのがおススメです。

 

タンパク質は炭水化物に比べ、消費カロリーが高いとされています。
肉などのタンパク質を増やして、
太りやすいご飯などの炭水化物を減らすわけです。

 

食事の時は、ビタミンB群とタンパク質を意識して摂るようにしてみてはいかがでしょうか。