カロバイプラス 副作用の危険は本当に大丈夫?3つの視点から検証!

カロバイプラスを飲んでいる人の中には、
吐き気や腹痛を感じると訴える人もいるようです。

 

そこで、カロバイプラスには本当に副作用などの危険が無いのか、
・配合成分
・生産過程
・飲み方
この3つの視点から検証してみました。

 

目次
開く閉じる

 

配合成分に副作用の危険はないか?

カロバイプラスの配合成分を調べてみました。

 

緑茶カテキン
桑の葉抽出物
白インゲン豆抽出物
ビタミン
ミネラル
ウーロン茶エキス
ウコンエキス末
セレン含有酵母
キトサン
BCCA粉末
デキストリン

 

これらの配合成分については、京都大学の生物学、
医学の専門家による監修を受けているそうです。

 

元は韓国のダイエットサプリであっても、
日本人の体質や生活習慣に合わせて
成分配合がされているわけですね。

 

このことからも副作用の危険のある成分は含まれていないと考えてよいでしょう。

 

 

ただし、食品アレルギーをお持ちの方もいるでしょうから、
心当たりのある方は、事前に問い合わせておくと安心できるでしょう。

 

公式サイトの最上部にサポートの電話番号が明記されていますよ。

 

⇒ 公式サイトのサポートダイヤルの確認はこちら

 

 

生産過程に問題はないのか?

次に、生産過程には問題が無いのかを確認してみました。

 

カロバイプラスは日本人の体質に合わせて成分を配合し直して調整した製品となっていることが分りました。

 

そのため、生産は韓国で行っているのではなく、
日本国内の工場で生産しているそうです。

 

工場もGMP(Good Manufacturing Practice)、
という適正・製造規範を取得しているそうで、
製造工程や品質にも配慮されていることが分りました。

 

この点からも安全性にも問題はない製品であると言っていいでしょう。

 

 

飲み方によって副作用等の危険はないのか?

どんなに良いサプリであっても、正しい飲み方をしなければ、
製品の実力を発揮することはできません。

 

そればかりか、誤った飲み方をしてしまうと、
副作用の危険も懸念されることでしょう。

 

吐き気や腹痛を感じている人に多いのが、
朝、一日分の6粒を一度に飲んでいるケースです。

 

さらに朝食を抜いたままの人もいるようでした。

 

カロバイプラスには緑茶カテキンが配合されていますが、
緑茶カテキンは胃に負担となることもあるそうで、
胃が弱い人が一度に6粒飲んだり、
朝食を抜いたままにしてしまうと、
胃に負担となり、吐き気や腹痛につながる、
というのも頷けます。

 

 

1日に6粒とういのはあくまでも目安です。
吐き気など副作用かな?と感じたら、
朝食をきちんと食べる、
食事毎に分けて飲むようにする、
1日の量を減らしてみる、
など調整をしてみましょう。

 

 

まとめ

カロバイプラスの副作用の危険について調べてみました。

 

製品としては日本人の体質に合うよう、
専門家の監修のもと、成分配合されており、
日本国内の安全基準を満たした工場で製造されていることからも、
十分に安心して飲める製品と言えます。

 

気をつけたい点としては、
食品アレルギーを持っている人の場合と
自分に合った正しい飲み方をする、
という点になるでしょう。

 

バランスよく普段どおりの食事をした上で
カロバイプラスを取り入れるということが、
健康的でキレイにダイエットを成功させる秘訣と言えそうです。

 

⇒ カロバイプラスの製品詳細はこちら